2018年04月25日

EQUILIBRIUM custom disc road <all rounder>。

私がオーダーしていたEQUILIBRIUMのカスタムフレームが完成したと連絡がありました。
早速休日に引き取りへ。


IMG_1557.JPG
↑オーダーから11ヶ月の時を経てフレームが完成。
 すべてのことをビルダーのブラッド氏と話し合いました。
 形状、カラーすべてに納得の仕上がり。
 
 
 



IMG_1573.JPG
↑店に持ち帰り早速ヘッドパーツを組み付けガラスの鎧とカガミの甲冑コーティングを施工。
 まだすべての部品が揃っていないため完成はもう少し先。
 じっくり楽しみながら組み付けてゆきたいと思います。


https://www.instagram.com/p/Bh3-0b3huGx/?hl=en&taken-by=equilibriumcycles
posted by しばやま。 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月11日

オークリー展示会。

オークリーの展示会に行ってきました。
2018041100.JPG
パリルーベから選手が使用中の新作FLIGHT JACETが発表されました。





201804111.JPG
↑FLIGHT JACET、自転車専用に開発されたコレクションです。
 このFLIGHT JACETはJAWBREAKERの後継となるのか?
 
 レンズ上部フレームが無くなってノーズ部にギミックがあるのが特徴です。
 全部でフレームカラーは全8色、レンズは6種。
 フレームカラーとレンズのセットは決まっているため組み合わせは選ぶことができません。



201804112.JPG201804113.JPG201804114.JPG
↑FLIGHT JACETのギミック。
 ノーズ部にあるレバーを引くと本体が前へ傾き空気を取り込むことができます。
 大きなレンズで密着度が高いフレームだとレンズ曇りが起こりがちですが
 このシステムで改善をはかっているようです。
 
 肝心のかけ心地は、JAWBREAKERとほぼ同じで良好。
 JAWBREAKERに比べ上部フレームが無くテンプルの機構が省かれているので若干軽量です。
 ↑嘘でした、実物を実測したところFLIGHT JACETの方が2g重かったです。
  申し訳ありませんでした。 

 付属品は高さが違う2種のノーズパットと長さの異なるテンプルとなります。
 レンズは取り外しができますが、レンズ単体での販売はしばらくないそうです。



201804115.JPG
↑Prizm Roadレンズ仕様。



201804117.JPG
↑調光レンズのPhotochromic仕様。


201804118.JPG
↑最近ラインナップに加わったPrizm Low Lightレンズ仕様。



201804116.JPG
↑ピンクで個性的なフレームもあります。

FLIGHT JACETは4月下旬に入荷予定です。
他のカラー、レンズは店頭資料でご覧いただけます。




201804119.JPG
↑こちらも新作FIELD JACKET。
 2眼レンズを採用したコレクション。


IMG_1527.JPG2018041110.JPG2018041112.JPG
↑FLIGHT JACET同様ノーズ部にレバーが付いています。
 こちらもフレームは8色展開です。




2018041116.JPG2018041117.JPG
↑JAWBREAKERのマークカベンディシュコレクション。
 わかりにくいのですがフレームカラーの緑色にはラメが入り素敵でした。



2018041113.JPG
↑最後に、WIND JACKET2.0。
 こちら以前からラインナップにあり、スキーゴーグルの部類に入ります。 
 レンズ面積は最大級です。 
 
 実は自転車乗りにも好印象で当店でも複数販売しました。 
 ただ残念なことにレンズが雪用しかありませんでした。
  
 今回レンズにPrizm RoadやPrizm Trailを揃え自転車にも使いやすくなっています。
 このWIND JACKET2.0、花粉症対策に使えるほどに顔への密着度が半端ないです。
 紹介していてなんですが、これからの季節には顔が暑いと思います。

 
 詳しい資料は店頭でご覧になれます。
 特にFLIGHT JACETは品薄が予想されるため是非ご予約下さい!
 よろしくお願いします(営業) 



posted by しばやま。 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月30日

絶景、三筋山。

水曜に伊豆の細野高原、三筋山という場所に行ってきました。
そこは超絶景スポットでした。

201803301.JPG
↑絶景!
 でも山頂駐車場までの道が細い。
 車1台ギリギリの道幅の急こう配を登ります。
 本当に車で通って良いのか不安になる道幅の狭さです。
  
 麓への到着は、明け方まだ暗い中だったので野生動物が沢山いました。
 暗がりに鹿の目が光るので怖いです。 



201803302.JPG
↑ここへはサイクルスポーツ誌のお手伝い。
 今回は自分は写りませんが、ストロボ持ったり普段できないことを経験しました。
 
 4月20日発売のサイクルスポーツ誌、楽しみです。



 
posted by しばやま。 at 20:48| 日記

2018年03月11日

TOKYOエンデューロ 2018 in 彩湖へ出店しました。

3月10日に行われたTOKYOエンデューロ 2018 in 彩湖へサイクルキューブは
Pas Normal Studiosとドリップコーヒーを揃えたショップとして出店しました。

人がどれほど来てくれるのか?と心配でしたが、蓋を開けると大盛況。
お立ち寄りいただいた方々、本当にありがとうございました。

201803101.JPG
201803103.JPG201803102.JPG

今回の出店にあたり準備からいろいろな方に協力していただきありがとうございました。

posted by しばやま。 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月07日

TOKYOエンデューロ 2018 in 彩湖 出店。

20180307.JPG


今週末の3月10日に行われるTOKYOエンデューロ 2018 in 彩湖会場に
サイクルキューブはPas Normal Studiosショップを出店致します。

当日はブース内でPas Normal Studiosアイテムと暖かいコーヒーを販売予定です。

ワンコインで購入できるPNSアイテム(コーヒー付き!)もご用意。

会場に行かれる方は是非お立ち寄りください。

4時間エンデューロには3組のPNSチームが参加します。
応援もよろしくお願いします。

http://www.tokyoenduro.jp/saiko/
posted by しばやま。 at 16:26| 日記

2018年02月26日

春の工作。

花粉を激しく感じて憂鬱な毎日です。
そんな春を感じるこのごろですが、工作しました。


201802261.JPG
↑ネットの木材屋さんに発注して指定の大きさに切ってもらいました。




201802262.JPG201802263.JPG
↑穴を開けます。



201802264.JPG
↑側面にも1つ開けました。




201802265.JPG201802266.JPG
↑お次は色を塗ります。
 何度か塗り重ねてよい色になりました。



201802267.JPG
↑塗り終わった板に700cのカーボンリムをはめ込み、ネジで固定します。
 通常のホイール同様にタイヤとチューブをはめ込み空気を入れます。




201802268.JPG
↑足をアングル鉄材で作ってテーブルの完成!
 
 廃棄リムを使ったリサイクル家具?
 
 3月10日に行われる東京エンデューロにサイクルキューブは出店します。
 そこで使う予定です。
 

posted by しばやま。 at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月14日

またまたEquilibrium cycle works訪問。

今週はペイントの相談のためEquilibrium工房へ。

フレームの完成が近いため色の相談。
既にメールで希望の色に近い車の画像を送ってあるため全体の色は伝わっています。

フレームを造りながら細部形状ににアイデアを盛り込んでゆくブラッド氏。
製作中にカラーリングにもアイデアを考えていてくれました。
自分とほぼ同じ考え方だったのでアクセントの部分はお任せしました。
ペイントも出来上がりが楽しみです。


201802141.JPG
↑既にバックも溶接が終わっていました。






201802142.JPG201802143.JPG201802144.JPG
↑今回のフレームに使う部品も揃い始めました。 
 5か月前に注文したDTの350ディスク用ストレートプルハブ。
 このハブにカーボンクリンチャーリムで乗る予定です。





201802145.JPG
↑350ディスク用のフロントハブは最初は15oシャフト用なので12o用のハブエンドで
 12o用へ変換する必要があります。

 
 あとはハンドルステムの入荷待ちです。




 






posted by しばやま。 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月07日

Equilibrium cycle works フレーム製作開始。

去年からオーダーを入れていたEquilibrium cycle works。
自分のフレーム製作が始まったとの連絡を受け、工房へ見学に行ってきました。




201802071.JPG
↑治具に自分のフレームが乗っかっていました。
 いよいよかと、テンションが上がります。





201802072.JPG201802073.JPG
↑訪問時はブレーキアウターとDi2用の小物溶接作業を見せていただきました。
 溶接をした後、ヤスリで丁寧に仕上げてゆきます。





201802074.JPG
↑このフラットマウント用のエンドを使用し後部も仕上がってゆくことでしょう。

 来週にはフレームは完成しその後ペイントショップへ。
 完成にはまだ少しかかりそうでが楽しみです。
 




posted by しばやま。 at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月02日

Vector3入荷。

お店の周りは雪が積もらず一安心です。
でも寒い。


201802011.JPG
↑ガーミンのVector3ペダルが入荷しました。
 旧型ですが自分も使うVectorペダル。
 3代目はポット部品が廃止となり軽量化と見た目もスッキリしペダル本体も角がとれ
 洗練されたデザインとなっています。
 
 ポットが無くなったことでペダルの付け外しも簡単になりトラブルも減ることでしょう。
 
 今までと同じLOOKのKeoクリート互換となっています。




201802012.JPG
↑前モデルのVector2より約40g軽量です。





201802013.JPG201802014.JPG
↑バッテリーはLR44ないしSR44のボタン電池を計4個使用。
 キャップ部はアルミ材で出来ており防水効果も高そうです。
 
 稼働時間は最大120時間となっており前モデルより50時間ほど短いため
 電池交換回数は少し増えそうです。

 Vector3よりBluetoothにも対応。

 皆様、ご検討よろしくお願いします(営業)

 

posted by しばやま。 at 13:52| 日記

2018年01月26日

加工作業。

先日コンポ組み換えでお預かりした車両のお話しです。


201801251.JPG
↑後ろブレーキワイヤーの受け部分が腐食が進んでしまい不能となっていました。
 補修部品を取り寄せると期間が掛かってしまいそうだなぁと悩みます。
 
 幸いにも腐食部品は取り外しができる部品なため違う形で対応しました。
 




201801252.JPG
↑まずは友人から貰ったドライカーボンの廃材を使い大まかに部品の形に切り出します。
 そこからヤスリとドリルで整えてゆきます。
 今回材料にカーボンを使ったのは加工がしやすく塗装しなくても腐食しないためです。






201801253.JPG201801254.JPG
↑アウターワイヤーの入口、出口共に切り出したカーボン材をこんな形に整え取り付けます。






201801255.JPG201801256.JPG
↑フルアウターでアウターワイヤーを通し無事解決しました。



posted by しばやま。 at 17:17| 日記

2018年01月13日

CERAMIC SPEED UFO Drip。

201810131.JPG
↑去年の年末から気になっていたオイルを試してみます。
 CERAMIC SPEED UFO Drip。
 
 CERAMIC SPEED社はベアリングやチェーンなどで有名ですが今度はオイルです。
 高級品としても有名ですが、このオイルも高価です。
 競合他社と比べても1番の低フリクションを謳っています。


201801132.JPG201801133.JPG
↑早速使ってみようを思ったら、低温のため中身が固まっています。
 しばらく人肌で温めて溶かし、使いやすいように他のボトルに小分けしました。
 画像のように固まると白くなり、温めると透明になります。
 高温で温めすぎると成分が変化してしまうかもしれないので注意が必要です。
 



201801134.JPG
↑チェーンを洗浄し乾燥させてから施工。
 



201801135.JPG
↑チェーンが冷たいため駒に乗せた瞬間にみぞれ雪の様に白く固まってしまいます。
 



201801136.JPG
↑軽くドライヤーで温めて溶かし内部に浸透させてみました。
 炙った瞬間に浸透してゆきます。

 施工後に軽く乗ってみましたが、確かに静かで歯当たりも良いです。
 どれ程持続性があるのかテストしてみたいと思います。



posted by しばやま。 at 18:20| 日記

2018年01月05日

2018年始まりました。

皆様、あけましておめでとうございます。
本日から営業しております。
本年もよろしくお願いします。

年末年始を振り返ります。


DSC_5237.JPG
↑大みそかの夜は実家の近所でお寿司を食べました。



DSC_5238.JPG
↑自宅に帰り23時に年越しそば。
 そのあと近所へ初詣に行き3時に就寝。





201801051.JPG
↑元日の朝は初日の出を多摩川の土手から見て即寝ました。





201801057.JPG
↑起きたらお昼の時間でしたが、お節で朝ごはん。





201801055.JPG
↑夕飯はすき焼き。
 翌日は何したか不明。
 ほぼコタツの中から動かず。



201801052.JPG
↑3日は毎年恒例の房総へ。
 いつもショートカットするため中間地点までは一人旅なのですが
 今回はお仲間がいました。




201801053.JPG201801054.JPG
↑中間地点、道の駅で昼食。
 この後は50キロの道のりをツキイチでしがみつきながら帰りました。


 正月、食べ過ぎです。
 

 皆様はどのようなお正月でしたか?

posted by しばやま。 at 20:30| 日記

2017年12月28日

今年もありがとうございました。

20171228.JPG

今年もたくさんの方にご来店いただきありがとうございました。
来年もどうかよろしくお願い致します。
posted by しばやま。 at 16:06| 日記

2017年12月20日

サイクルスポーツ2月号。

本日発売のサイクルスポーツ2月号。
自分も来年から使うディスクブレーキの特集記事があります。




201712201.JPG
↑今回その特集記事中ブレーキフィーリングのコーナーで貴重な経験をさせていただきました。
 カンパ、スラム、シマノ(2種)をテスト、メーカーそれぞれに違いがり興味深いテストでした。




201712202.JPG
↑テストを終えて熟考した結果、注文しました。
 オーダー中のフレームが出来上がるのが楽しみです。


posted by しばやま。 at 13:34| 日記

2017年12月15日

CAMPAGNOLO FC-SR012 CULTベアリング&シール交換。

CAMPAGNOLOウルトラトルククランクの定番チューニング
BBベアリングをCULT化。


201712141.JPG
↑今回はアテナアルミクランクの交換作業です。
 元のベアリングは浸食が進み回転が渋くなっています。
 交換を機にCULTベアリングへ。




201712142.JPG
↑プーラーで古いベアリングを外し、洗浄します。




201712143.JPG
↑FC-SR012、CULTベアリングセット。
 このセットには防水シールも付属しているので一緒に交換します。




201712144.JPG
↑左右のクランクに圧入されたCULTベアリング。
 最高の回転を得られます。

 今回はクランク単体でのお持ち込みでしたので工賃は2000円
 FC-SR012ベアリングセット20927円
 合計で22927円となりました。

 上位モデルからの流用チューニングはいかがでしょうか?




posted by しばやま。 at 17:13| 日記

2017年12月01日

10年。

2017年12月1日で10周年を迎えることができました。

20171201.JPG

沢山のお祝い品も頂きありがとうございました。

これからも確かな技術と新しい情報を発信できるお店でありたいと思っています。
今後の10年もよろしくお願いします。



201712011.JPG
↑昨日はサイクルスポーツ誌のインプレ取材に参加しました。 
 新しい物を一気に乗れたので大変勉強になりました。
 フレーム(自転車)インプレではないです。
 是非12月20日発売の誌面でご確認ください!


posted by しばやま。 at 20:35| 日記

2017年11月24日

ナカガワエンドワッシャー。

古くからの自転車愛好家ならご存知、ピンクのカラーでお馴染みの
ナカガワサイクルワークス。
自分も20年以上前にタンゲNO.2パイプのフレームを秋山サイクルに買いに行きました。

今回、ナカガワサイクルワークスのエンドワッシャーなるチューニングパーツをご紹介します。


201711241.JPG

201711242.JPG
↑このワッシャーを前後のクイックに挟み装着します。
 




201711243.JPG

201711244.JPG
↑タケノコバネを取り外し装着、取り付けは非常に簡単です。

 このワッシャーを付けるとどうなるの?

ハブのクイックリリースを締め付けると、ハブ軸が3度近くたわむことが、あるメーカーのテストにおいて分かっています。その大きな原因は、フォークやフレームのエンド部分に間隙があるため、ハブ軸全周を均一な圧力で締め付けられないからです。ハブ軸がたわむことにより、ハブの回転に悪影響を与えていました。そこで、このワッシャーの突起部が、その間隙を埋め、ハブ軸全周を均一な圧力で締め付けることができます。すでに特許を取得し、試作品で効果の検証も終わっています。また、ワッシャーは、QPQ加工と言われる表面処理を行い、錆びにくくなっています。
 
 

201711245.JPG
↑エンドの隙間を埋め、エンドの当たり面もまっすぐクイックを締められます。
 
 自分は装着して直ぐに感じることができました。
 ●立ち漕ぎ時にフォークのしっかり感が増す。
 ●タイヤからのインフォメーションが増す。
 エンド付近の剛性が上がったことによる効果かと思います。
 
 今お使いのフレームに一味加えるスパイスになりますよ!
 
 店頭に御試し用のワッシャーを用意してあります。
 簡単に取り付けできますのでスタッフまでお声がけください。
posted by しばやま。 at 11:29| 日記

2017年11月20日

Xplova X5-Evo。



201711201.JPG
↑本日発売のXplova X5-Evo。
 サイクルモードでも話題になりました。
 代理店の方にご来店いただき丁寧に説明をしていただきました。
 店頭実機サンプルをお貸しいただきましたのでご来店いただければ触っていただけます。



201711202.JPG
↑なんといっても特徴はカメラ付き。
 スマホアプリからカメラで録画した画像を簡単にブログやFBなどに上げることができるようです。
 循環モードでドラレコのような使い方も出来ます。




201711203.JPG
↑基本操作はガーミンとほぼ同じ。
 各項目を割り当てることができタッチパネルでサクサク操作できます。
 このタッチパネルがスマホ並みの操作感でストレスフリーです。


201711204.JPG
↑地図機能もあります。
 日本だけでなく各国地域の地図を無料で使うことが可能です。
 専用アプリで作ったコースを落とし込み便利に使うことができます。 
 もちろんGPXファイルにも対応しています。


 店頭に実機がありますので是非ご来店いただき触ってみてください。

 https://www.xplova.com/jp/product/X5E

  
posted by しばやま。 at 19:48| 日記

2017年11月03日

2017サイクルモード。

今年も早いものでサイクルモードの開催となりました。
何か新しいアイテムがないかと楽しみに行くイベントです。

自分が気になったアイテム2点をご紹介いたします。



IMG_0745.JPG
IMG_0747.JPG
↑グロータックの拡張キットと新型ローラー台。
 負荷ユニットを電動でコントロールしてズイフト対応。
 発売の目処が立ち春には発売されるようです。
 
 新型のローラー台はフロントフォーク固定軸がカーボン製(GDR製)となり
 折りたたむと小さくなるため車載などの積み込みにも便利。

 拡張性が高まり、よりトレーニングの楽しみ(苦しみ)が増しますね!






IMG_0798.JPG
IMG_0799.JPG
↑こちらはガーミンキラーとなりえるか?新規のメーターXplova X5-Evo。
 有名なAcer製造のメーターです。
 GPSを搭載し、各国の地図が無料で使えてサイクリングに必要な機能はほぼ搭載しています。
 画面操作はタッチパネルとなっていて非常にスムースに動かすことができました。
 他社にはない最大の特徴が、動画用のカメラを搭載しています。
 スマートにドラレコとして使え非常に便利なのではと思います。
 バッテリーの問題もありますが2時間は撮影できるようです。
 モバイルバッテリーとの併用でより長く稼動させることができます。
 
 明日、明後日行かれる予定の方、是非チェックしてみてください。



posted by しばやま。 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月01日

2018アンカー展示会。

本日はアンカー2018モデル展示会へ行ってきました。
例年より遅い2018モデル発表となりました。

大きな変化として主にRS8、RL8、RNC7がモデルチェンジしました。
オーダー時に選べるカラーが5色増えロゴカラーも2色増えました。


201711017.JPG
↑レースで使うことを想定したRS8。
 上位フレームのRS9と同じ型を使っているため形状は全く同じです。
 RS9とは使うカーボン、積層を変化させ剛性をコントロールしています。


201711018.JPG
↑発表されたデータを見ると旧RS8より新RS8は前三角の剛性が少しだけ上がっているようです。
 新RS8は乗り手の生み出した推進力を最大に高めるプロフォーマット設計となっているので
 データ以上にロスなく進むフレームだと思います。

 
 
201711019.JPG
↑重量は旧RS8からは70g程軽くなっています。
 ちょっとした落車で破断(割れ)しにくいようにカーボンは肉厚に積層されています。
 やみくもに軽さを求めない理由がここにあります。








2017110110.JPG
↑ロングライド、ヒルクライムを目的としたRL8
 こちらも上位フレームのRL9と同じ金型を使っているため同形状。



2017110111.JPG
↑剛性のデータを見ると前RL8より全体的に10%ほど剛性が上がっています。
 こちらもプロフォーマット設計となっているので剛性が上がっただけではなく
 旧RL8に比べ、路面へ力がより伝わることと思います。



2017110112.JPG
↑新RL8の方が旧RL8に比べ50g重量増。
 これは剛性バランスを整え、破断にも備えた結果となったようです。








201711011.JPG
↑25周年を迎えたクロモリのRNC7。
 見た目の変化は少ないのですが、細かく複数の変化がありました。
 クロモリフレームとしては珍しいDi2兼用。
 28Cまでのタイヤを履くことができるようになりました。



201711013.JPG
↑Wレバー台座が廃止。
 


201711012.JPG
↑Fメカ台座がバンド式から直付式へ。
 レアケースですがカンパで組む場合、社外のアダプターを使う必要が無くなっています。
 台座位置の想定最小アウターギヤは46Tまで。



201711014.JPG
↑BBハンガー部が25年前の発売当初と同じラグ式へ。
 ラグ式となり多少、重量増となっていると思いますが今回新しくデザインされたラグは
 全体形状にとても馴染んでいました。




2017110115.JPG
↑すごーく細かい所なのですが、Rメカワイヤーストッパーも形状が変化しています。
 ワイヤーが付いていると見えない所に、Di2用の穴が開いています。





201711015.JPG
↑25周年記念モデルのRNC7。
 50台限定での発売です。
 オーダー時にホークのコラムが、ねじ切り、アヘッドから選択可能。
 Di2専用のオーダーもできます。


201711016.JPG
↑限定車にはシリアル番号入りのバッジがつきます。
  販売詳細は後日発表となります。









2017110114.JPG

2017110113.JPG
↑ケミカルブランドのGreen Driveから新しいチェーンオイルが発売されます。
 形状がスプレー式からリキッド式へ変更となり、小さくブルべ時など持ち運びもしやすい形状へ。
 中身は新しくナノ物質フラーレンとポーラスシリカを配合し、潤滑性能、被膜保持力を高めています。
 水置換性能もあるため、洗浄時に多少の水が残っていても施工できます。

 サンプルを頂いたので試してみたいと思います。



 早期予約特典をご用意しております。
 詳しくはスタッフまでお尋ねください。

 
posted by しばやま。 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記