2017年06月02日

Equilibrium cycle works フレームオーダー編@。

昨日、ゲリラ豪雨が上がった夕方にEquilibrium cycle worksを訪問しフレームをオーダーしました。
ビルダーさんと直接話をしながらオーダーするのは25年ぶり位になると思います。

今回はオーダー編の@。



201706021.JPG
↑まずはオーダーするフレームのコンセプトを聞いてもらいました。
 
 1、ディスクブレーキ
 2、28Cまでのタイヤが装着できる(可能なら32Cまで)
 3、なるべくロード性能を損なわない
 4、快適性の向上

上記を伝えると、ロードのE1にディスクをつけるのではなくグラベルのBrutalistを提案されました。
Brutalistは25Cのタイヤを履けばロードとなり、28Cを履けば軽めのダートでも楽しめる。
その楽しさは前回の試乗でも体験済みなのでBrutalistで決定しました。





201706022.JPG
↑現在乗っているZERO7のポジションで問題は無いため現車を測定してゆきます。
 
 ここではシートピラーをこれくらい出したい、コラムはステム下5o、ステムは今より10o長くしたい
 と希望を伝えました。






201706023.JPG201706024.JPG
↑今度はスタイリングについて。
 他のフレームなどと見比べながら意見を交換しパイプの曲げ具合や細部を決めてゆきます。
 当然オーダーなので可能な限り考慮してもらえます。





201706025.JPG201706026.JPG
↑いよいよパイプ選び。
 沢山ストックされているコロンバス社のパイプから、特性を聞きながら各部選びます。
 極太、扁平、潰し、などパイプ形状にも色々あるのでかなり悩みます。
 フレーム特性を損なわずスタイリングにも影響するためここが一番時間がかかったかもしれません。 




201706028.JPG
↑今まで決めたことを踏まえ、ブラット氏が後日図面に起こしてゆきます。
 まだすべてが決定したわけではありません。
  
 納期が今現在5か月位かかるとのことなので色やDi2などの細部はまた今度伝える予定です。





201706027.JPG
↑ここで自分のフレームが製作されるのはまだ先となります。
 いやー、楽しみ!!












posted by しばやま。 at 20:06| 日記