2020年09月04日

サーベロ2021試乗しました。

お久しぶりの更新となります。
今年は展示会も無いので最新商品を直接見る機会が少ない中
サーベロを取り扱う東商会さんからお誘いいただきサーベロ2021モデルの試乗へ行ってきました。


IMG_20200903_103021.jpgIMG_20200903_103029.jpg
今回は2021年の新モデルCaledonia(カレドニア)の2車種試乗しました。




IMG_20200903_105928.jpgIMG_20200903_105951.jpgIMG_20200903_105943.jpg
先ずは2020年から新しく加わったアスペロに乗りました。
Cシリーズの後を継ぐグラベル系のバイクです。
35Cのタイヤでもゆとりのあるタイヤクリアランス。
こんなに太いタイヤでも軽い走行感なのでロードホイールでも相当走りそうです。
1台で何でも楽しめる1台です。




IMG_20200903_112028.jpg
2021年新作のカレドニア
カレドニアには上位の5シリーズと画像にある無印カレドニアの2種ラインナップにあります。

カレドニアは簡単に言うと太めのタイヤが履けるロードです。
タイヤ銘柄にもよりますが35C位まで履くことができます。
乗り味は尖った癖がない、誰にでもそつなくこなせる感じでした。




IMG_20200903_112035.jpgIMG_20200903_112051.jpg
無印カレドニアはステムは通常の物が使えヘッド周りのアウターワイヤー類は全て外に出ています。




IMG_20200903_112039.jpgIMG_20200903_112127.jpg
TOPチューブにはバックを付ける台座も付き、シートピラーも通常の形状φ27.2の物が使えます。





IMG_20200903_113341.jpg
こちらは5シリーズのカレドニア。
ヨーロッパプロがパリルーベでも使えるコンセプトに開発されたフレームです。
ケーブル類は全て内蔵され、各パイプ形状もエアロを意識した最新のフォルムとなっています。
こちらは流石にレースよりの味付けがされています、パリッとしたサーベロらしい乗り味に
悪路もこなせるよう快適性もしっかり感じることができます。


IMG_20200903_113317.jpgIMG_20200903_113309.jpgIMG_20200903_113327.jpgIMG_20200903_115244.jpg
IMG_20200903_113303.jpg
ステム、シートピラーは専用品、ヘッド周りのワイヤーはDi2の場合全て内装となります。
機械式コンポの場合シフトケーブルのみ外に出ます。
しっかり最新技術で武装したバイクです!


当店では9月16日まで早期予約キャンペーンをご用意しております。
詳細はスタッフまでお問い合わせください。



posted by しばやま。 at 11:41| 日記

2020年06月29日

WOLFPACK TYRE RACE Cotton クリンチャー。

新興タイヤブランドのウルフパック。
1か月程前からRACE Cotton クリンチャー26Cを使っています。


IMG_3281.JPG
パット見、ペラペラ薄々の軽量タイヤにも見えるのですが230g程と安心して使える重量ではないでしょうか?
普段履きで使うタイヤで200gを切ってくると全体的に薄く、どうしてもサイドカットで一発アウトになりがちです。
このタイヤ重量の個体差がほぼありません、今まで注文分も含め6本計ってみましたが全て230g〜233g内に収まっていました。ゴム製品でこの差は精度の高さがうかがえます。

今回はTubolitoのチューブとの組み合わせで使用しました。
転がり感と衝撃吸収性のバランスが絶妙です。
タイヤ重量、各部の厚さ、コンパウンドからこの絶妙さが感じ取れるのではと思っています。
ふわふわ超乗り心地が良いことは無く適度にソリットで快適さも兼ね速く走ることのできるタイヤです。

ただこの使用感を得るためには軽量チューブがラテックスチューブが必須だと思います。
今回在庫切れで使うことのできなかったのですが、ウルフパックも軽量チューブを出しているので次回は使ってみたいと思います。



IMG_3278.JPG
先日ロードではどうなの?と思うようなガレ場に踏み込んだ時にやってしまいました。
帰宅後に気が付いたのですがサイドカットしてました!
ただ貫通はしてなく、そこそこ強そうです。



IMG_3287.JPG
さすがにあのまま使うのは怖いので同じタイヤを新調し古い方をカットサンプルとしました。
見えにくいですがトレッド真ん中に10oほど対パンクブレーカーが入っているようです。

予想以上に良いタイヤでした。

posted by しばやま。 at 16:45| 日記

2020年06月26日

CERAMIC SPEEDO Over sized プーリーケージ。

コロナ自粛中、細々と営業しておりました。
整備のご依頼が多くなってると感じております。
レース、イベントが無い中、皆さまメンテナンスには余念がありません。


IMG_3259.JPG
そんな中、大型案件の整備をさせていただきました。
セラミックスピード社のビックプーリー。
9100用のCOATED仕様です。




IMG_3261.JPGIMG_3262.JPG
カーボン樹脂のゲージにアルミプーリー。
COATED仕様のベアリングはカンパのカルトベアリングに近い処理が施されていて高寿命で素晴らしい回転が得られます。




IMG_3268.JPG
9100の純正ディレーラーと比べるとねぇ、大きさがこんなに違います。




IMG_3264.JPGIMG_3273.JPG
取り付け前後。
各社ビックプーリーは純正に比べ、メリット、だけではなくデメリットもあることは事実です。
技術的にも取り付けにはエンドの長さ、厚さ等の個体差でポン付けではうまくいかないことが多くあります。今回もその場面がありました。

各社のピックプーリーをご検討の方、是非お問い合わせください。



posted by しばやま。 at 18:45| 日記

2020年04月18日

THE POW BAR。

新入荷エナジーバーの紹介です。

IMG_3215.JPG
北海道ニセコ発の添加物、人工調味料、白砂糖、などを使用せず体に優しくカロリーが採取できるエナジーバーです。
自然豊かなニセコでのアウトドアライフを楽しむ中で開発されました。




IMG_3218.JPG
味はフルーツ&ナッツクランチ、タヒニ&デーツ、カカオ&カカオココナッツ、フィグ&ヘーゼルナッツの計4種。
素材がゴロゴロ大きめに入っているため味だけでなく食感も良く、自転車に乗車中ではなく休憩中に味わって楽しみたい補給食です。
私のお勧めは胡麻を使ったタヒニ&デーツです、胡麻の香りが程よく感じられます。

パッケージも小さめでバックポケットに収めやすいです。
是非皆さんもお試しください!
当店価格300円。


posted by しばやま。 at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月29日

LOOK Keoブレードカーボンペダルベアリング交換。

回転が渋くなったKeoペダルのOHをしてみました。
シャフトを回すとゴロゴロです。

今回の様に分解すると補償対応外となります、ご注意ください。
IMG_3124.JPG




IMG_3125.JPGIMG_3127.JPG
先ずはキャップを外してその中にあるネジを外します。
このネジ、左ペダルは逆ネジなので注意が必要です。



IMG_3130.JPGIMG_3135.JPG
先ほどのネジを外してシャフトを引っこ抜くと中身はこんな感じです。
見えているベアリングは2個とペダル内部にニードルベアリングが1個。




IMG_3136.JPGIMG_3137.JPG
シャフトに圧入されているベアリングをプーラーで外します。
今回はこのベアリングが錆びて傷んでいたため交換します。
ペダル内の部品構成はこんな感じでした。



IMG_3138.JPGIMG_3139.JPG
ペダルに使われていたベアリングは特殊サイズでした。
簡単には見つからないので外径、内径が同じサイズの物を用意します。
ただ、新しベアリングは厚みが1o薄いんです。
左が純正、右が新しく用意したベアリング。



IMG_3140.JPGIMG_3141.JPG
元のベアリングは厚さ5o、新しく用意したのは3.9o(カタログ表記は4o)




IMG_3142.JPGIMG_3143.JPG
この1oの違いを0.5mmのベアリングシムで調整しました。



IMG_3144.JPG
この様な部品構成となります。
シャフトにベアリングを圧入し、ペダル内部にあるニードルベアリングにグリスを塗り
組み立てます。




IMG_3145.JPG
左右共に同じ作業をしてシャフトはスムーズに回るようになりました。
ただベアリングが純正とは違うため(薄い)寿命は短くなると思います。


posted by しばやま。 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月21日

NEWバイク。

やっと自分のグラベルバイが完成いたしました。

IMG_20200217_112133.jpg
フレームはブラッドさんに相談してエクイリブリウムで試乗車だったフレームを買いました。
シクロクロス向けなジオメトリーらしいですが細かい寸法は不明です。
40C以上のタイヤも入るらしいので色々楽しめると思います。
部品は新旧ごちゃまぜ仕様。
試乗車だったためフレームには適度に小キズもあり塗装に気兼ねなく使えます。




86616181_185491369442106_5969644322532884480_n.jpg86871766_1395126830648343_4374382426714013696_n.jpg87012598_2373830136241912_4958115456297730048_n.jpg
早速シクロクロス初体験。
早朝からマンツーマンで稽古をつけていただきました。



IMG_20200220_093949.jpg
昨日のお休みには車で南足柄近辺のグラベルへ。
曇り予報でしたが日差しがあり走りやすい天候。
ゆっくりスピードでお山を目指します。



IMG_20200220_110446.jpgIMG_20200220_115412.jpg
最近時間にゆとりができた人と色々な路面を堪能できました。
この人、道は俺が造るとばかり道無き道を切り開く場面も。




IMG_20200220_141604.jpgIMG_20200220_144505.jpg
見晴らしの良い場所まで時折14%の坂をえっちら漕いで昼食。
キャンプ道具を用意していただき私は見てるのみ。
ワッフルとコーヒーのデザートまで頂きました。

今回のルートはダートだったり、舗装道でも結構荒れていたのでディスクブレーキ+35Cタイヤの性能をいかんなく発揮です。

タイヤを変えるだけで複数の遊び方ができるバイクに仕上がったので色々楽しめそうです!


posted by しばやま。 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月14日

カワシマサイクルサプライ展示会。

すこし遅くなりました、、水曜日に行ってきた展示会のご報告です。
カワシマサイクルサプライはカンパ、フルクラム、フィジークなどを扱う代理店です。
展示会されていた新作アイテムを少しご紹介いたします。


IMG_3051.JPGIMG_3039.JPG
去年のサイクルモードでも展示されていました。
アンタレスをベース(形状)にしたこのサドルは座面に3Dプリンター技術を使ったサドルです。
何層にもなる樹脂の編み方?で座面の硬さを適材適所に調節しているそうです。
座り心地や耐久性が気になる!見た目も斬新なのでぜひ使ってみたい。
将来的には座面のオーダーまで可能になるかもしれないとのことでした。
座面幅は2種あり、レギュラー>147g ラージ>154g 価格48000(税別)5月入荷予定です。



IMG_3053.JPGIMG_3052.JPG
もう一つフィジークから、TENPO R4シューズにワイドサイズが用意されます。
横幅、甲の部分が通常の物より大きく作らています。
見た感じでも比べると違いが分かるとおもいます(右がワイド)



IMG_3060.JPG
オーストリッチからはディスクロード用の輪行小物。
リアエンド金具はこだわりが満載でした、フレームの個体差でエンド幅がビミョーに違ったり
エンド金具自体を使いこんだ場合に付属シャフトの寸法を調整できるようになっています。
左右につけるワッシャーはフレームにあたる部分に滑り止めのギザギザ加工がされています。
スルーシャフトでしっかり固定すれば輪行時に動くことは無さそうです。


IMG_3061.JPGIMG_3064.JPG
ディスクのカバー類も充実してました。



IMG_3043.JPGIMG_3044.JPG
フルクラムから日本限定ホイール。
<レーシングゼロ コンペッティツィオーネ DB カスタム>
長い名前の真っ赤なディスクブレーキ専用ホイール。
リム、スポークが赤いバージョンとリム赤、スポーク黒の2種類展開です。
ベアリングは最上級のカルトベアリング採用です。


IMG_3074.JPG
スゲー目立ってカッコよいです。
リムブレーキだとブレーキ面はアルミ地が出ますがディスクブレーキ専用だと全て赤なので新鮮。
リム部のフルクラムロゴもアルマイト処理で凝ったデザインとなっています。

ご予約お待ちしております。



posted by しばやま。 at 10:33| 日記

2020年02月03日

DTスターラチェット交換。

暖かくなってきたとたんに花粉を感じるようになり憂鬱です。

自分の自転車を整備+グレードアップしました。

IMG_3013.JPGIMG_3014.JPG
DT上位ハブを使っていると内部にスターラチェットを使う機構となっております。
DTハブだけでなくOEMのホイールハブにも使われている機構です。
簡単なので1年に1回くらいラチェット部のグリスアップをした方が良いと思います。




IMG_3015.JPGIMG_3016.JPG
スプロケを手で引っ張れば工具無しでごっそり抜けてスターラチェットが出てきます。



IMG_3017.JPG
このスターラチェットは主に3種類あります(Eバイク用の24Tを含めると4種)
18T、36T、54T(ギザギザの数です)自分が使っていたのは36Tだったのですが今回のグリスアップを機に54Tに変更します。
54Tにすることにより駆動効率がより良くなり走りやすくなります。



IMG_3020.JPG
左が18Tで右が今回使う54T。
ギザギザの細かさが一目瞭然ですね。



IMG_3021.JPGIMG_3022.JPG
専用の梅ジャムカラーのグリスを薄く塗り元に戻します。




IMG_3023.JPG
走ってみるとラチェット音が細かくなり若干静かになりました。
肝心の走りは激変!とはいきませんが駆動効率の良さを感じることができます。

交換が簡単な54Tのスターラチェット、残念ながら高価です。
専用グリスとセットで18700円(工賃別)

グリスアップと一緒にいかがでしょうか?


posted by しばやま。 at 11:17| 日記

2020年01月13日

ホイールステッカー交換作業。

5.6年前のフルクラムレーシングゼロホイールをOHしました。
ハブ内部、振れ取り等を終わらせ別にご依頼いただいたステッカー交換です。


IMG_2923.JPG
フルクラム、カンパニョーロのホイールスレッカーは純正でスペアパーツとして用意されています。
ただ前後セットでの販売となります。



IMG_2927.JPG
後輪のフリー側のリム部はどうしてもチェーン油で汚れが目立ち、長年の汚れや傷でギコギコになっています。




IMG_2929.JPG
右が新しいステッカー、左がお古。
比べると白さが全然違いますね。





IMG_2931.JPGIMG_2933.JPG
全て貼り直しスッキリ!
このステッカーは貼るより剥がす作業の方が難儀します。
前後すべての貼り直し作業にかかる時間は90分程掛です。
ジミーな作業です。


posted by しばやま。 at 17:28| 日記

2020年01月06日

今年の1台目。

あけましておめでとうございます。
5日から張り切って営業中です、本年もよろしくお願いします。

新年組み立て1台目はエディメルクスのシクロクロスフレームeeklo70です。
1台目からディスクブレーキ車とは時代でしょうか?

当店でのディスク車販売、一昨年はほぼ無し。
昨年は5台に1台の感じでディスクブレーキ車の感じでした。
2020年は更に増えることとなると思われます。


IMG_2913.JPGIMG_2915.JPGIMG_2916.JPG
赤が鮮やかなフレームで、走行時は目立つこと間違いですね!
全体写真は納車前のため伏せておきます。
某メーカーにも同じ形状のフレームがあるようです。。。



IMG_2918.JPG
付属品と一緒に入っていた冊子、、、
同じグループの会社ですからね。
カーボンの積層等、中身は違うのかもしれませんがメルクスの方がお買い得かもしれません。







posted by しばやま。 at 18:16| 日記