2020年01月13日

ホイールステッカー交換作業。

5.6年前のフルクラムレーシングゼロホイールをOHしました。
ハブ内部、振れ取り等を終わらせ別にご依頼いただいたステッカー交換です。


IMG_2923.JPG
フルクラム、カンパニョーロのホイールスレッカーは純正でスペアパーツとして用意されています。
ただ前後セットでの販売となります。



IMG_2927.JPG
後輪のフリー側のリム部はどうしてもチェーン油で汚れが目立ち、長年の汚れや傷でギコギコになっています。




IMG_2929.JPG
右が新しいステッカー、左がお古。
比べると白さが全然違いますね。





IMG_2931.JPGIMG_2933.JPG
全て貼り直しスッキリ!
このステッカーは貼るより剥がす作業の方が難儀します。
前後すべての貼り直し作業にかかる時間は90分程掛です。
ジミーな作業です。


posted by しばやま。 at 17:28| 日記

2020年01月06日

今年の1台目。

あけましておめでとうございます。
5日から張り切って営業中です、本年もよろしくお願いします。

新年組み立て1台目はエディメルクスのシクロクロスフレームeeklo70です。
1台目からディスクブレーキ車とは時代でしょうか?

当店でのディスク車販売、一昨年はほぼ無し。
昨年は5台に1台の感じでディスクブレーキ車の感じでした。
2020年は更に増えることとなると思われます。


IMG_2913.JPGIMG_2915.JPGIMG_2916.JPG
赤が鮮やかなフレームで、走行時は目立つこと間違いですね!
全体写真は納車前のため伏せておきます。
某メーカーにも同じ形状のフレームがあるようです。。。



IMG_2918.JPG
付属品と一緒に入っていた冊子、、、
同じグループの会社ですからね。
カーボンの積層等、中身は違うのかもしれませんがメルクスの方がお買い得かもしれません。







posted by しばやま。 at 18:16| 日記

2019年12月25日

ホイール修理A。

今回もホイール修理です。

IMG_2908.JPG
MAVICのキシリウムPRO、USTホイールのリム交換です。



IMG_2902.JPG
ブルべで使用のホイール、リム面が削れて前後共に要交換です。




IMG_2910.JPG
IMG_2911.JPG
このホイールも前輪のスポーク数本が回りません。
原因はニップル部の腐食ではなくニップル内部への砂、泥、油の汚れによる固着かと思われます。





IMG_2906.JPG
複数のスポークを新品へ交換して完了。
MAVICのホイールは細かい補修部品も取り寄せが可能です。





posted by しばやま。 at 17:05| 日記

2019年12月22日

ホイール修理。

12月も最後に近くなり修理やメンテナンスが激増してます。

その中の1つBORA35後輪の修理です。

IMG_2852.JPGIMG_2894.JPG
スポークを数本交換するつもりだったのですがほぼ全てのスポークニップルが固着して動きません。
潤滑剤を塗布して時間をおいてから慎重に回して数本は動いたのですが途中で折れました。
スポークのネジ山部で折れました、これはニップルの腐食進み固着してしまったのだと思います。
複数のニップルにはクラックも入っていました。
オーナーさんは海辺に住んでいる方なので海風が原因かもしれないし汗も考えられます。
古いスポークは残念ですが全部切りリムとハブ単体にしました。




IMG_2893.JPG
新しいスポークに全交換です。




IMG_2897.JPGIMG_2898.JPGIMG_2899.JPG
カンパ系のホイールには多いのですがBORAのリムは側面に穴が無いためバルブ穴からニップルを1個ずつ通します。
その下準備、ニップルに工具として用意している鉄スポークの破片をねじ込みます。



IMG_2899.JPG
バルブ穴から入れてマグネットでニップル穴へ誘導してゆきます。
この作業を21回繰り返したのち振れ取り台に乗せスポークを張ってゆきます。
ジミーに時間が掛かるためどうしても工賃が上がります。



IMG_2900.JPG
交換終了。
ニップル、スポークを全部交換したので当分は安心して使ってもらうことができます。


posted by しばやま。 at 18:14| 日記

2019年11月06日

2019サイクルモード。

年々縮小傾向に感じるサイクルモード、今年は3連休に開催されたこともあり入場者数はまあまあ良かったようです。

近年は物を見せる出展者が減り、事(体験)を知らせるブースが増えてきてますね。
自分なりに気になった物を少し。


IMG_2682.JPG
インターマックスにあったスパカズのシューズ。
オイルスリックと銘打つカラーがシューズにまで、えらいデーハーでしたね。
価格、販売時期は未定。


IMG_2686.JPG
こちらもインターマックスにあったプロロゴのスクラッチM5サドル。
ショートサドルで適材適所に異なる硬さのパットが配置されています。
一番軽いバージョンで129gと軽量なのも魅力です。


IMG_2692.JPG
カーボンドライジャパンの新作ビックプーリ、画像一番左のモデルです。
105用のビックプーリーです。
プーリーゲージにアルミを使いコストダウンしています。



IMG_2735.JPGIMG_2742.JPG
グロータックの新型3本ローラー。
もがいても車体が前方発射しないようにバーが付いています。
普通の3本ローラーとして非常に乗りやすかったです。





IMG_2751.JPG
参考出品のイコールレバー。
Rメカ、Fメカのコンポメーカーを問わず使えるレバー。
フリクションレバー的に使えるのではないかと思っております。
皆が使う物ではないかと思いますが、古い部品を使いまわす時など選択幅が増えるのは面白いですね。



IMG_2764.JPG
フィジークの座面が3Dプリンターで作られたサドル。
今までのウレタン素材よりもっと座面の硬さをコントロールできそうですね。
砂や泥が目地に詰まりそうだなぁ。



IMG_2789.JPGIMG_2791.JPG
OGKから来年発売予定のヘルメット<IZANAGI>
軽く、空力が良く、涼しい、いいとこどりのヘルメット。
顎紐には撥水加工もしてあり最新スペック満載です。


IMG_2804.JPG
最後はブライトンのGPSメーター。
地図も鮮明でタッチパネル。
ガーミンの830を意識したモデルですね。
価格も3万円後半となりそうなので発売が楽しみです。


毎年見る物が少なくなったと思っていてもサイクルモード初お目見えな物があるので
行く価値はあるかと思います。


posted by しばやま。 at 19:10| 日記

2019年10月16日

マルイ展示会に行ってきました。

トピーク、フィニィシュライン等を扱うマルイの展示会に行ってきました。

IMG_2624.JPG
東京流通センターのガランとした広い1フロアが自転車屋さんで埋まります。
見てきた中でいくつかご紹介したいと思います。



IMG_2625.JPG
オシャレで価格もこなれたブランドADEPT、豊富にアイテムが揃っています。



IMG_2630.JPG
当店でも人気のモーディブサドルに新色の白が加わります<発売は来春>



IMG_2628.JPG
こちらは定番商品のバードラムハンドルバック、色も豊富で価格も安いです。
簡単に付けられてスマホやカメラ、補給食、ジレなどちょい入れに便利。
最近ディスクバイクにつけるのも流行っていますし。



IMG_2632.JPG
こちらのトピーク新製品コーナーからは3つご紹介。



IMG_2634.JPG
ツール缶。
容量に合わせて3種類あります、地味なデザインなのでどんな車種、カラーにも合わせやすいのでは
ないでしょうか?<来春発売予定>



IMG_2635.JPGIMG_2636.JPG
ステム一体式エアロハンドルバーに取り付ける汎用ガーミン台座。
3200円(税別)と価格が控えめです(来春発売予定)




IMG_2638.JPGIMG_2639.JPG
最後はポンプ。
ハンドルを引いた時にシリンダー内で空気を圧縮し、ハンドルを押し込み時に圧縮した空気を
一気に充填します。
空気を入れている時に高圧になると反発が強くなりより強い力で押し込まないといけないことが緩和されます。
サンプルが置いてありテストしてみましたが押し込みの軽さが実感できました。
長さが2種あり発売がたのしみです<来春発売予定>



IMG_2640.JPGIMG_2641.JPG
既に巷では話題の超軽量チューブのチューボリード。
価格も含め、賛否色々騒がしていますよね。
自分も使っていますが、圧倒的な軽さは走行性能で感じることができます。
でも速攻パンクしました!リペアキットで修理してみましたがしっかり塞がり今も使えています。
値段やバルブ部分等、取り扱いにも注意が必要なため万人には向かないですが走りの軽さは魅力です。




毎年楽しみな展示会ですが今年は新作が少なく感じました。
少し寂しいですね。





posted by しばやま。 at 16:18| 日記

2019年09月12日

Pas Normal Studios Pop-Up at RATIO &C イベントのお知らせ。

皆さま無沙汰しております。
久々となりますが、本日はイベントのおしらせです。
色々な方々にお世話になったり、助けていただいたおかげで無事に開催することとなりました。


IMG_2532.JPG
IMG_2526.JPG
9月12日〜24日まで、渋谷区神宮前のRatio &C(レシオ・アンドシー)にてPas Normal StudiosのPop-Upストアを開催することとなりました。

19秋冬ウエアの展示と、キャップやソックスなどの小物類、PORTERとのコラボレーションアイテムの販売も行っています。

9月20日(金)19〜21時には、Pas Normal StudiosデザイナーのKARL-OSKAR OLSEN氏と、サイクルスポーツの吉本 司編集長をゲストに迎えトークイベントを開催します。
「北欧デザインとサイクルカルチャーの結びつき」をトークテーマに、デザイナーと編集長ならではの視点から語る予定です(参加無料、事前申し込みは不要です)。

また同会場にはデンマークを代表する家具ブランド、カール・ハンセン&サン社にもご協力いただき
Pas Normal Studios のアイテムがカール・ハンセン&サン社のアイテムに飾られています。
デンマークデザイン&ものづくりもお楽しみ頂けます。

期間中にPas Normal Studios Japan、Facebookページ内にあるクーポンをご提示いただければ
1杯無料でコーヒーを楽しむこともできます。
洗練されたアイテムを美味しいコーヒーと共にお楽しみください。

近くにお立ち寄りの際は是非お立ち寄りください!


カール・ハンセン&サンについて
カール・ハンセン&サンは創業110年を超える歴史のあるデンマーク家具メーカー。ハンス J. ウェグナーの
家具を最も数多く製作するメーカーとして知られています。また、ボーエ・モーエンセン、アルネ・ヤコブセン、オーレ・ヴァンシャー、コーア・クリント、ポール・ケアホルム、モーエンス・コッホ、フリッツ・へニングセン、安藤忠雄、ボーディル・ケア、そして、EOOSといった世界的に知られたデザイナーの家具の製作にも着手、すべての製品をデンマーク国内で製作しています。カール・ハンセン&サンのコレクションは、直営店のフラッグシップ・ストアおよび一流ディーラーを通して世界各国で販売されています。
詳細は www.carlhansen.com

posted by しばやま。 at 17:27| 日記

2019年06月22日

Pas Normal Studios T.K.O

Pas Normal Studiosの中でも異色を放つT.K.Oコレクション。

Pas Normal Studiosのデザインすべてを創り出すデザイナー
カールオスカー氏の名を持つコレクションです。



201906211.jpg
2019SS、TKOジャージが発表され当店にも入荷いたしました。
私個人として毎年楽しみにしているコレクションです。




201906181.jpg201906182.jpg201906183.jpg201906184.jpg
去年8月にデンマークでキャスパー氏から紹介された時の一言「クレイジー」
クレイジーデザインを採用してるということと、これまでで一番クレイジーなデザイン。
この二つの意味が彼の表情から感じ取ることができます。

今までとは全く違う、意表を突いたデザインに衝撃を受けました。
即、欲しい!オーダーするぞ!と心の中で決意。

TKOが既存のジャージ柄や絨毯柄、あらゆる生地をパッチワークの様につなぎ合わせたデザインを閃いた時、これをジャージに表現することは可能だろうか?
即、イタリアの工場に連絡したそうです。





201906212.jpg
ジャージ単体で見ると派手なイメージですが外に出てみると木々の緑と良く調和し変に浮くことはありません。



201906213.jpg201906215.jpg
どの角度から見ても同じパターンはなく襟元が丸首エアロ形状となっているところはメカニズムジャージと違う所です。
ブルーのフロントファスナーが複数の柄を繋ぎとめているように感じられます。
バックポケットの小さいファスナーもブルー、柄デザインですが差し色となっています。

普段はシンプルデザインを選ぶPNSユーザー皆さまの2着目、3着目にいかがでしょうか?

限定生産で再入荷はありません。
この機会をお見逃しなく!!



posted by しばやま。 at 20:13| 日記

2019年05月20日

デンマーク + Pas Normal Studios + サイクルスポーツ誌。

本日5月20日発売のサイクルスポーツ誌。
サイクルスポーツ編集長の吉本氏がデンマークへ直接取材へ行き書き下ろした
Pas Normal Studiosが紹介されています。

今回私も同行させていただき、Pas Normal Studios社への理解が深まることとなりました。

4月12日にデンマークに到着。
日差しはあるのですが気温が低く(8度)寒いです。
前日には雪が降っていたそうです。




IMG_20190415_120310.jpgIMG_20190416_161221.jpgIMG_20190416_102026.jpgIMG_20190419_105246.jpg
今年1月に移転したオフィス。
コペンハーゲンのセンターからほど近く徒歩圏内。
伝統的な建物内にあるオフィスは横長に広がり、エリアごとに担当部署が分かれています。
この場所からPas Normal Studiosの様々な物や事が生みだされてゆきます。






IMG_20190419_095813.jpgIMG_20190419_063546.jpg
6日間滞在したAirbnb。
デンマークの伝統的なアパートをリノベーションした地上3階、地下1階からなる建物。
今デンマークの人たちが憧れる住宅スタイルだそうです。

内装は白色で統一され、明るく清潔感があり家具類も統一されていました。
普段住むオーナーさんのセンスの良さがうかがえます。

家具、キッチン、浴槽、冷蔵庫などを使ってみると日本との違いを感じます。
デンマークは多少使い勝手が悪くてもシンプルなデザイン重視。
蛇口が滑る、明かりのスイッチが分かりにくい、ドアの開け閉めがしにくい等
考えの違いがあるようです。

前回泊まったホテルでも感じたことです。




IMG_20190414_140925.jpgIMG_20190414_134401_1.jpg
今回ライド距離は短かったのですが天気は良く(でも寒い)移動は基本自転車。
デンマークの自転車環境は素晴らしいです。
歩道とは別に自転車専用道路が整備されており、逆走車もいません。
逆走しようもんなら怪訝な顔をされ怒られるでしょう。

ママチャリに乗る普通の人も速いんです、自分がロードでも油断をすると抜かれます。
デンマークでの自転車は単なる移動手段ではなく、早く移動するための手段なのかと。

画像は地元のサイクリストの集うCRANKS&COFFEE。
ライド後に立ち寄る人が次々に訪れます。








IMG_20190415_193009.jpgIMG_20190417_134123.jpgIMG_20190415_141637.jpgIMG_20190419_080946.jpg
自分がデンマークで好きなところは歴史を感じる街並みです。
街並みを見るだけで十分に楽しめます。



今回はこのような機会を与えてくれたPas Normal Studios社、サイクルスポーツ誌
コーディネートしていただいた劉氏には感謝いたします。
本当にありがとうございました。



























posted by しばやま。 at 19:53| 日記

2019年04月11日

SRAM Force e-TAP AXS 展示会。

IMG_2280.JPG
もうご存知だとは思いますがSRAMが止まりません。
Forceも12速でe-TAP。
REDと同等の変速性能やRメカにはチェーン暴れを抑えるモーションコントロールを備えています。
REDとは素材、加工方法を代えコストを抑えています。




IMG_2290.JPGIMG_2281.JPGIMG_2282.JPGIMG_2283.JPG
実物は思っていたより高級感がありました。



IMG_2288.JPGIMG_2289.JPGIMG_2286.JPG
クランク、カセットはCNC削り出しとせずコストダウン。
さすがにREDに比べしっかりと重さを感じました。

REDと同じようにフロントはダブル、シングルを揃えブレーキもディスク、キャリパー
様々な組み合わせがあります。

SRAMのこのスピードはロードコンポーネントでも今後面白くなってくるかもしれません。
12速では他社の脅威となるかもしれませんね。

価格、仕様はスタッフまでお問い合わせください。



posted by しばやま。 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記